(出典 www.football-zone.net)



 マンチェスター・Cは、ジョゼップ・グアルディオラ監督と新たな契約を結んだことを発表した。19日、クラブ公式サイトで伝えている。

 これまでは今シーズン限りで満了する契約内容となっており、その去就に注目が集まっていたグアルディオラ監督。しかしマンチェスター・Cは今回、2023年の夏まで続く新契約の締結を発表した。この結果、同監督はこれまでと合わせて最長で7シーズンマンチスターで指揮を執ることが可能となった。

 グアルディオラ監督は2016年に着任以降、プレミアリーグ2回を含む6回の主要タイトルを獲得。それまではバルセロナで4年、バイエルンで3年の在籍期間だっただけに、マンチェスター・Cが最長在任期間となる。同監督は今回の新契約締結に際し、以下のような言葉を発表している。

マンチェスター・Cに来てから、選手やスタッフサポーター、そして会長やオーナーから、私を歓迎する気持ちを常に感じている。だからこそ我々は共にゴールを決めて試合に勝利し、多くのことを成し遂げてきた」

「このようなサポートを受けられることは、どんな監督にとっても最高なことだ。そして我々の課題は、今後も改善と進化を続けること。マンチェスター・Cはそのために、多くの手助けをしてくれる。非常に興奮しているよ」

 今後はプレミアリーグの覇権奪還と、そして悲願のUEFAチャンピオンズリーグ制覇に期待がかかっている。

マンチェスター・Cと新たな契約を結んだグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)