(出典 www.football-zone.net)



インテルが29日、ベルギー代表FWロメル・ルカクの負傷を報告した。

ルカクは27日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節のシャフタール・ドネツク戦にフル出場したが、クラブによると、29日のMRI検査で試合後に違和感を覚えた箇所の状態を確認。左足大腿部の筋肉損傷が判明したという。

離脱期間などの詳細は現時点で不明だが、追って報じたイタリアスカイ』によると、31日に本拠地で行われるセリエA第6節のパルマ戦だけでなく、11月3日に敵地で予定するCLグループB第3節のレアル・マドリー戦を少なくとも欠場する模様だ。

また、11月8日に敵地で行われるセリエA第8節のアタランタ戦出場も現時点で流動的。今季もここまで公式戦7試合の出場で7ゴールの活躍を披露するルカクの離脱は同選手の得点力を生かした攻撃を展開するインテルにとって、痛手になりそうだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)