(出典 www.soccerdigestweb.com)



トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、ロイヤル・アントワープ戦でのウェールズ代表MFガレス・ベイルの活躍に期待している。イギリススカイスポーツ』が伝えた。

レアル・マドリーからレンタル移籍で古巣へ帰還しているベイル。ケガで出場が遅れたものの、18日に行われたプレミアリーグ第5節のウェストハム戦で復帰を果たしていた。

モウリーニョ監督は29日に行われるヨーロッパリーグ(EL)・グループJのアントワープ戦前の記者会見の席で、直近のバーンリー戦で出場のなかったベイルの先発起用を示唆。さらに、負傷明けもベストコンディションで挑めると述べ、「飛躍」に期待した。

ベイルは準備万端だ。それは我々が感じているだけでなく、データにも表れている」

「彼は懸命に努力しており、皆の良い手本になっている。彼のような偉大な選手がバーンリー遠征では90分間ベンチに座ったまま、1分もプレーしなかった」

チームの一員として彼の振る舞い信じられないほどだ。私の目で見てもわかるが、科学的なデータも出てきている。彼は非常に上手く機能しているよ」

「彼は向上し続けている。かなりね。明日には万全の状態のガレスを見ることができると思う。飛躍することを願っているよ」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)