no title



 10月も最終週を迎え、2020年もあと2カ月というところまでやってきた。新型コロナウイルスの影響で今年はかなり変則の日程で試合が行われているが、過酷な状況下でも各クラブエースたちはゴールを量産している。

 では、欧州5大リーグプレーする選手のうち、今年最も得点を奪っているのは誰だろうか。移籍情報サイト『transfermarkt』のデータをもとに、2020年1月からの公式戦得点数をランキング化。ここでは、上位11選手(トップ7)を紹介する。

※以下、情報はすべて10月27日時点のもの
※断りがない限り、すべて公式戦のデータ(代表戦は除く)
[写真]=Getty Images

▼7位タイ(18得点)

リオネル・メッシバルセロナ/FW/32歳)


得点数:18
出場試合数:32

7位に名を連ねた1人がメッシ。昨季はリーガ・エスパニョーラ初の20ゴール20アシストを達成し、得点王に輝いたものの、今季は公式戦6試合に出場して2得点。それもPKで決めたゴールしかない。やはり夏の退団騒動が尾を引いているのか、24日に行われた“エル・クラシコ”でもネットを揺らせなかった。

◆ソン・フンミン(トッテナム/FW/28歳)


得点数:18
出場試合数:27

今年、メッシと同じだけネットを揺らしているのがソン・フンミンだ。26日のバーンリー戦で今季プレミアリーグ8点目となるゴールを挙げて、得点ランキングの単独トップに立った。最近出場した公式戦7試合で10ゴールを記録し、まさにゴールマシンと化している。

ズラタン・イブラヒモヴィッチミラン/FW/39歳)


得点数:18
出場試合数:25

今季のセリエAで得点ランキングトップに立つのは、“39歳”のイブラヒモヴィッチだ。今季は出場したリーグ戦3試合すべてで“ドッピエッタ(1試合2得点)”を達成。最近出場した公式戦7試合のうち、無得点に終わったのは1試合だけと、驚異的な得点力を見せつけている。新型コロナウイルスの感染も、この男には何ら影響なかったようだ。

フランチェスコ・カプト(サッスオーロ/FW/33歳)


得点数:18
出場試合数:26

セリエAの“絶好調男”といえば、カプトも忘れてはならない。欧州カップ戦や国内カップ戦に参戦していないにも関わらず、メッシイブラヒモヴィッチと並ぶ18ゴールを記録。この活躍を受けて、今年9月に代表初招集を受けると、10月モルドバ戦では最年長デビュー弾(33歳62日)を決めてみせた。来年開催されるEURO2020のメンバー入りも視界にとらえている。

キリアン・エンバペパリ・サンジェルマン/FW/21歳)


得点数:18
出場試合数:24

ケガの影響もあって、昨季のチャンピオンズリーグ決勝トーナメントは無得点。チームもあと一歩のところで優勝を逃したが、1ゴールを挙げるのに要した出場時間(103分)はトップ7の5人のなかで最も少なく、決定力の高さを誇示している。悲願のビッグイヤー獲得に向けて、大舞台でのさらなる活躍に期待したい。

▼6位(19得点)

◆カイ・ハフェルツ(チェルシー/MF/21歳)


得点数:19
出場試合数:32

今回、MFでは唯一、名を連ねた。今夏にチェルシー入りを果たしてからも、リーグカップハットトリックを達成。10月17日に行われたサウサンプトン戦ではプレミア初得点を奪うなど、結果を残している。チェルシーチームとしての完成度が高まれば、さらなる得点増も期待できそうだ。

▼4位(23得点)

◆チーロ・インモービレ(ラツィオ/FW/28歳)


得点数:23
出場試合数:28

4位にランクインしたのは、昨季セリエA得点王に輝いたインモービレ。年明けから昨季最終節までのリーグ戦21試合で19ゴールを叩き出し、欧州最多得点者に贈られるゴールデンシューも初受賞した。今季はここまで公式戦3ゴールにとどまっているが、取り出したら止まらないストライカーだけに、キッカケを待つばかりだ。

アーリング・ハーランドドルトムント/FW/20歳)


得点数:23
出場試合数:26

今年1月のドルトムント加入以降もゴールを量産しているのは周知のとおり。同世代のエンバペを上回る得点を挙げ、10月ルーマニア代表戦では代表で初のハットトリックを達成した。クラブでも代表でも1試合1ゴールに迫るペースで得点を記録し、“スランプ”とは無縁のキャリアを過ごしている。

▼3位(27得点)

ロメル・ルカクインテル/FW/27歳)


得点数:27
出場試合数:35

“闘将”アントニオ・コンテ監督のもとで別格のストライカーへと成長を果たしたルカクは、いよいよ制御不能な選手となりつつある。9月下旬のセリエA開幕以降、出場した公式戦でネットを揺らせなかったのは第3節ラツィオ戦だけ。代表戦を含めれば、最近5試合連続でゴールを挙げており、もはや手がつけられない状態だ。今季はセリエAの得点王争いに間違いなく絡むだろう。

▼2位(28得点)

クリスティアーノ・ロナウドユヴェントス/FW/35歳)


得点数:28
出場試合数:27

新型コロナウイルスによる自主隔離中も話題を振りまいているが、ピッチ上での活躍も申し分ない。セリエAでは、年明け以降に出場した21試合のうち17試合で得点をマーク。35歳になった今もコンスタントに結果を残していることは特筆すべきだろう。復帰後もゴールを量産してくれるに違いない。

▼1位(35得点)

ロベルト・レヴァンドフスキバイエルン/FW/32歳)


得点数:35
出場試合数:29

欧州5大リーグに所属する選手で、今年最も多くの得点を挙げているのはレヴァンドフスキだった。32歳にしてキャリア最高のパフォーマンスを披露しており、今季も出場5試合でブンデスリーガの得点数を二桁に乗せた。今年度の開催がなく、バロンドール受賞はお預けとなったものの、今もっとも優れたフットボーラーであることに誰も異論はないはずだ。

(記事/Footmedia



(出典 news.nicovideo.jp)