no title


どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。

今回はアルジェリア代表FWリヤド・マフレズマンチェスター・シティで決めた最初のゴールだ。


フランスでキャリアをスタートさせたマフレズは、2014年1月にレスター・シティに加入し、大ブレイク。同クラブでの奇跡のプレミアリーグ優勝の立役者の1人となり、2018年夏にシティに引き抜かれた。

抜群のテクニックを備えたアタッカーとして、シティではここまで公式戦97試合で26ゴール29アシストを記録している。そんなマフレズの記念すべきシティ初ゴールは、2018年9月22日プレミアリーグ第6節、カーディフ・シティ戦で決めたゴールだった。

前半だけで3点のリードを奪ったシティが試合を優勢に進める展開で迎えた67分、左サイドを完璧に崩し、MFイルカイ・ギュンドアンがボックス左深部でFWラヒーム・スターリングからのスルーパスを受ける。ギュンドアンがグラウンダーのクロスを上げると、ゴール前でフリーになっていたマフレズがこれに落ち着いて合わせ、シティでの初ゴールを挙げた。

その後、マフレズがもう1点を挙げ、大量5ゴールを奪ったシティが5-0の大勝を収めた。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)