(出典 img.footballchannel.jp)



コミュニティー・シールドアーセナル戦で貴重な同点ゴールマーク

 イングランドプレミアリーグの王者リバプールに所属する日本代表MF南野拓実は、現地時間29日にシーズン開幕を告げるコミュニティー・シールドアーセナル戦に途中出場して同点ゴールマーク。試合は1-1で迎えたPK戦の末に4-5で敗れたが、イタリアサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」の採点ではチーム最高タイ評価となった。

 リバプールは主将のイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンと同DFトレントアレクサンダー=アーノルドが、負傷の問題から招集外となったものの、現状のベストメンバーを起用。南野はベンチスタートとなった。前半12分に先制点を献上したリバプールは、0-1で迎えた後半14分に南野が投入されたと同時に4-2-3-1システムへと切り替える。

 すると同28分、南野に待望の瞬間が訪れる。エジプト代表FWモハメド・サラーの持ち運びからペナルティーエリア内で構えるブラジル代表FWロベルト・フィルミーノへと渡し、ダイレクトで南野へつなぐ。南野はワンタッチサラーへパスを送ろうとするが、相手DFに当たり、ゴール前にボールがこぼれる。すかさず反応した南野が右足を振り抜き、貴重な同点弾を奪った。

 また、PK戦で4人目のキッカーを任された南野はしっかりと決めている。これを受けて「トゥットメルカートウェブ・コム」は、「ミナミノが結末を変えた」と見出しを打ち、存在感を評価している。

 そして、チーム内ではスコットランド代表DFアンドリューロバートソンと並ぶ最高タイの「7点」を与えた。途中出場だけに寸評は「試合の中での同点ゴールPK戦でのゴール。敗北を回避するには不十分になってしまった」と簡素だったが、十分に存在をアピールするには至っただろう。

 昨季は冬の移籍市場で加入するも、歴戦の勇者揃いのリバプールだけに出場機会をコンスタントに得られるわけもなかった。まずはシーズン開幕を告げるゲームゴールを決めたことが、今季の好スタートにつながることが期待される。(Football ZONE web編集部)

得点直後のリバプールMF南野拓実(写真中央付近)【写真:AP】


(出典 news.nicovideo.jp)