(出典 f.image.geki.jp)



サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。

今回は元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(34)だ。


母国のマルソニアでキャリアをスタートさせたマンジュキッチ。ユース時代には、寒さをしのぐために駐車場に停めてあった5台の車に放火し、少年院送りになるという破天荒エピソードも持っている。

2007年夏にクロアチアの名門ディナモ・ザグレブに移籍すると、気性の荒さからピッチ外でも問題を起こすも、2008-09シーズンにはリーグ得点王の活躍を見せた。

ヴォルフスブルクを経て2012年夏にバイエルンに入団。初年度からスタメンに定着すると、ブンデスリーガ、DFBポカールチャンピオンズリーグの3冠に貢献し、翌シーズンも国内2冠を経験した。

その後、2014年に移籍したアトレティコ・マドリーではスーペル・コパでレアル・マドリーを相手に決勝点を記録して早速タイトルをもたらしたが、シーズン終了後にはユベントスに活躍の場を移すことに。

ユベントスで辿り着いた2016-17シーズンのCL決勝でもレアル・マドリーから一時同点となるゴールを奪うと、2017-18シーズンのCL準々決勝2ndレグでまたしてもレアル・マドリーから2ゴールを奪う活躍を披露。“マドリーキラー”としてそのダイナミックプレーがマドリディスタに恐れられている。

ユベントスではマッシミリアーノ・アッレグリ監督が[4-2-3-1]システムを導入。これまでのキャリアでほとんどストライカーとして起用されてきたマンジュキッチだったが、左ウイングポジションを移すこととなる。

すると、その大柄な体躯と豊富な運動量がハマり、攻守両面においてチームに不可欠な存在となった。フィジカル、得点能力のみならず守備能力まで身に着けたマンジュキッチだったが、2018-19シーズン限りでアッレグリ監督が退任し、マウリツィオ・サッリ監督が就任すると状況は一変。新体制発足後は序列が下がり、チャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバー外となるなど不遇をかこった。

構想外の中でも評価を覆せると信じたマンジュキッチは夏のオファーを固辞し、ユベントスに残留したが、結局一度もメンバーに選ばれることなく、チームとの練習に参加することもかなわなかった。

そうした状況の中2019年12月カタールのアル・ドゥハイルへ移籍したが、新型コロナウイルスの影響でカタールでも3月初旬にリーグ戦が中断し、わずか5試合の出場のみで7月に退団。現在はフリーの身となっており、セリエAを中心に複数クラブが獲得に関心を寄せている。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)