(出典 www.football-zone.net)



 パリ・サンジェルマンPSG)に所属するコスタリカ代表GKケイラー・ナバスは、23日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝バイエルン戦への出場が叶いそうだ。22日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ナバスは12日のCL準々決勝アタランタ戦に先発出場したものの、右ハムストリングを負傷し途中交代。18日のCL準決勝ライプツィヒ戦も欠場しており、21日のトレーニングセッションでは全体練習を完了できなかったようだ。

 しかし今回の報道によると、同選手は22日のトレーニングセッションをフルで消化した模様。決戦へ向けて必要な強度でこなし、いつもと遜色ないパフォーマンスを見せていたという。

 このため、同紙はナバスがバイエルンとの決勝へ出場可能であると報道。レアル・マドリードで3度の欧州制覇に貢献した“守護神”の戦列復帰は、PSGにとって心強い朗報となりそうだ。

 果たしてナバスは、自身4度目となる欧州制覇を成し遂げることができるのだろうか。

ライプツィヒとのCL準決勝を見守ったナバス [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)