(出典 amd.c.yimg.jp)



UEFAチャンピオンズリーグ決勝でPSGと対決するバイエルン・ミュンヘン

絶対的エースであるロベルト・レヴァンドフスキは自身初となるビッグイヤー獲得を狙っている。プロ中のプロとして知られる彼は今週で32歳になったが、衰えなど全く感じさせない。

そうしたなか、『Guardian』がレヴァンドフスキを特集していたので、その一部を抜粋してみる。

まずは食事法。彼はいきなり最初にデザートを食べて、その次に前菜、最後にメインディッシュを頂く。これは栄養学のプロでもある妻アナさんの指導によるもの。甘いものは消化が早いので、最初に代謝させることによって、胃の中でタンパク質炭水化物と混ざることを避けているとか。

また、睡眠療法士に相談して、絶対に左向きで寝ているそう。その理由は、利き足である右足を保護するため。

さらに、デジタル化された脳トレーニングを行っているほか、ビデオゲームは避けて、読書を好む。

とにかく、ストイックにサッカーを極めているが、ポーランド時代からその姿勢は不変。レフ・ポズナニ時代の同僚曰く、「皆でバケーションに行った時、彼は呼吸についての本を読んでいた」そう。

バイエルンではPKも極めた。トレーニング後にPK練習を積むさまを見た当時のジョゼップ・グアルディオラ監督は「自分が出会ったなかで最もプロフェッショナルな選手。24時間ずっと、適切な食べ物、睡眠、トレーニングについて考えている」と脱帽している。

そんな最強FWレヴァンドフスキが極めたPKキックがこれだ(以下動画14分20秒~)。

いとも容易くGKを無効化!彼のPK成功率は90%ほどに達している。

【関連記事】驚くべき筋肉をつけたサッカー選手10名、その「変化」を見る

悲願のビッグイヤー獲得のために全力を賭すレヴァンドフスキプレーに注目だ。

レヴァンドフスキのプロ意識が異次元!なんと「寝相」まで極める


(出典 news.nicovideo.jp)