(出典 www.theworldmagazine.jp)



サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はレアル・マドリーブラジル代表MFカゼミロが決めたゴールだ。


チームバランサーとして中盤の底で不動の地位を確立するカゼミロ。今シーズンはここまで公式戦34試合5ゴール3アシストマークしており、ジネディーヌ・ジダン監督からの信頼も厚い。

また大事な場面で見事なゴールを決めることも多く、2019年1月19日に行われたラ・リーガ第20節のセビージャ戦ではストライカー顔負けのスーパーゴールを決めている。

チームともにゴールが奪えない中時間が過ぎ、スコアレスドロー決着も見えてきた78分、カゼミロが均衡を破る。

DFセルヒオ・レギロンからのパスを敵陣中央で受けたカゼミロは、雨が降るピッチの中、右足を振り抜き抑えの利いた素晴らしいミドルシュートを放つ。

見事な軌道を描いたシュートゴール右上へと一直線。相手GKトマシュ・バシリクも触るのが精一杯のボールゴールネットを揺らし、ゴール裏のサポーターを一気に歓喜の渦へと巻きこんだ。

その後、マドリーは試合終了間際に追加点を奪い、2-0で難敵セビージャを下している。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)