(出典 www.soccer-king.jp)



どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。

今回は元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレス氏がチェルシーで決めた最初のゴールだ。



2001年アトレティコ・マドリーデビューしたトーレスは、若きエースとしてブレイクすると、2007年リバプールへ移籍。加入初シーズンから得点を量産し、一気にリバプールサポーターの心を掴み、爆発的な人気を誇った。

しかし、2011年1月、ライバルクラブチェルシーへ移籍すると、2012年チャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験するなど、多くのタイトルを獲得した。そんなトーレス2015年ミランに移籍するまで、公式戦172試合で45ゴールマークした。

その記念すべき初ゴールは、2011年4月23日に行われた、プレミアリーグ第34節のウェストハム戦で決めたゴールだった。

チェルシー加入後、中々得点を決められず、苦しんだトーレスだったが、1-0とリードして迎えた84分、ついに呪縛が解ける。

カウンターで中央を突破したFWニコラス・アネルカのパスをボックス内で受けたトーレスは、雨を含んだ芝により急に失速したボールに対応し、鋭いターンで相手DFを振りきる。そのままゴール前で反転しながらシュートを放ち、GKの届かないサイドネットに決めてみせた。

ようやくチェルシーゴールを決めたトーレス。移籍後初ゴールまで実に903分を要したものの、ようやく呪縛から解放されている。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)