(出典 www.football-zone.net)



コナミが“マドリードの久保”に関心「ビデオゲームの表紙にするのを夢見る」

 日本代表MF久保建英は、現地時間10日にビジャレアルへのレンタル移籍が正式決定した。2020-21シーズンは保有権を持つレアル・マドリードプレーすることはなくなったが、レアル専門メディアによれば、近い将来に久保をゲームジャケット写真に起用するプランがあるという。

コナミ、マドリードの久保をビデオゲームの表紙にするのを夢見る」

 このように見出しを打って取り上げたのは、レアル・マドリードの専門メディア「Defensa Central」だった。

 2019年夏にFC東京からレアルへ完全移籍した久保は、開幕直後にマジョルカへ期限付き移籍。リーグ戦35試合4ゴール4アシストマークして存在感を放った。2020-21シーズンは保有権を持つレアルでのプレーは叶わなかったが、今季リーガ・エスパニョーラ5位に入り、UEFAヨーロッパリーグ出場権を持つ強豪ビジャレアルへのレンタルが決まった。

 記事によれば、コナミが「レアル・マドリードパートナーに、久保を表紙で最高のスターとして扱うのを熱望している」という。

コナミ? それともEAスポーツ? どっちのフランチャイズが主導権を握る? FIFAかプロ・レボリューションサッカー? それは世界中のすべてのeスポーツファンの議論になっている。マドリードは現状、年ごとに方針を変えている。レアル・マドリードは公式パートナーにまでなって、クリスティアーノ・ロナウドが表紙に登場した。2012年2013年がそうだった。サンティアゴ・ベルナべウ、ユニホームチャント……。すべてがコナミライセンスになっていた」

 一時はバルセロナ優勢の状態に変わったが、現在人気ゲームFIFAシリーズ2025年までレアルと提携を結んでいるという。

コナミは地球中で最も成功を納めたチーム、そして愛国的な資産であるタケ・クボを抱えることを夢見ている。若き日本人クラックがすでに日本ではそうであるように世界的スター選手の中に割って入り、数年後にはプロ・レボリューションの表紙に現れる可能性があると見ている。PES 2026が出る頃にはクボが25歳になっているのだからどうなるのかは分からない。コナミではそうなれば何百万(ユーロ)の収入になり得ると計算しており、長い目で見てそのためにレアル・マドリードを次の加入者の一つにしたいと目指している」

 来たる新シーズン、久保がビジャレアルで確固たる結果を残せば、そのプランが実現するのも不思議はないかもしれない。
Football ZONE web編集部)

ビジャレアルへレンタル移籍した日本代表MF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】


(出典 news.nicovideo.jp)