(出典 www.football-zone.net)



バイエルンとの契約期限が残り1年に迫るスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)。クラブへ退団の意向を伝えてリバプール移籍に前向きとも言われているが、障壁も多いようだ。

バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏は先日、来夏に契約切れとなるチアゴに対して3000万ポンド(約41億8000万円)の値札を付けると公言。一時は契約延長に動いていたものの、チアゴが拒否したため今夏中の売却へシフトした模様だ。

そんなチアゴは、イギリススカイスポーツ』の記者を務めるカーヴェ・ソルヘコル氏の主張によるとユルゲン・クロップ監督の下でのプレーを望んでいるようだ。しかし同氏はまた、リバプールが中盤の強化を目指していないとの見解も示している。

一方ドイツではリバプールにチアゴ獲得を推す声も多いようで、ドイツ人記者のラファエル・ホーニッヒシュタイン氏は「リバプールに唯一欠けている点は、チアゴのようなテクニカルな選手だ」と主張している。

先月にクロップ監督から「本当に良い選手で、大好きな選手」と移籍に関する明言を避けられたチアゴ。一部ではミュンヘンの自宅を売却したとの報道もなされたが果たして。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)