(出典 f.image.geki.jp)



ジネディーヌ・ジダン ガレス・ベイル 写真提供: Gettyimages

 レアル・マドリードジネディーヌ・ジダン監督は6日、日本時間8日の午前4時に行われるチャンピオンズリーグラウンド16マンチェスター・シティセカンドレグのリモートで行われた試合前会見に出席。試合の展望に関して口にした。

 レアルファーストレグで2-1で敗戦。セカンドレグでの巻き返しに大きな期待が寄せられている。チームの調子について質問されると「調子はいいよ。試合にフォーカスしているからね。ファーストレグで何が起こったかは理解している。別の試合となるだろう。いい試合になるように努力するよ」とコメント

 また、ケガから復帰したベルギー代表FWエデン・アザールに関しては「コンディションは整っている。アザールシーズンラストには違和感を感じていたんだ。今は良くなっているよ。準備するための時間はあったし、彼の調子は良いよ」と信頼を再確認した。

 メンバー外となったベイルに関して質問されると「私たちは監督とプレーヤーとして素晴らしい関係性を築いている。私が言えることは彼がプレーすることを望まなかったということだ。残りのことは私と彼の問題だ」とコメント。またベイルの去就に関しては「わからないよ。彼はレアルプレーヤーだ。彼はプレーすることを望んでいない。私が言えることはそれだけだ。レアルの選手は明日の試合に集中している」と明言を避けた。

 代理人の発言によると移籍を望んでいないとされるベイル。はたして今後の去就はどのような結末を迎えるのだろうか。




(出典 news.nicovideo.jp)