(出典 www.football-zone.net)



8日にマンチェスター・シティとのUEFAチャンピオンズリーグを控えているレアル・マドリー。すでに現地へと入り、準備を進めている。

しかしその中で話題になったのはギャレス・ベイルが登録外になったこと。24名のメンバーには入らず、マンチスターにも遠征していない。

Guardian』によれば、ジネディーヌ・ジダン監督はこの件について以下のように説明したそう。

ジネディーヌ・ジダン

「我々は相互に尊重しあっている。言うべき唯一のことは…これは我々の間の個人的な会話であるが、彼はプレーするのを好まなかったということだ。残りの話は我々の中に留める。

私は状況がどういうものであるかを説明した。それ以外になにも加えたくはない。

怪我はしていない。他にはなにもない。私は彼や他の選手すべてを本当に尊重している。ドレッシングルームで起こったことは、すべてそこだけに留める。

ベイルに未来があるか?私は知らない。

彼は今レアル・マドリーの選手だ。それは何も変わらない。彼は我々の選手だ。私はそれをリスペクトする。彼をリスペクトする。

そして彼はプレーしたくない。私が言えることはこれだけだ。

これで準備は整った。試合の準備が整った。それだけに集中している」

ベイルは今回の試合に向けて「プレーしたくない」と訴え、そのためにメンバーから外れた…とのことだ。

レアル・マドリーリーガ最終節でもベンチでこんな「おふざけ」をしていたベイル

この投稿をInstagramで見る
OFFICIAL︱@garethbale11 just doesn't care anymore! 😭😷 #ForTheFans
Eleven Sports Belgium(@elevensportsbe)がシェアした投稿 -

もはやサッカーに対する情熱を失っているようにも見えるが、それでもプレーさせればすごい能力を見せるのだからわからない…。

【関連記事】レアル・マドリーを今夏退団するかも…な9名の選手

ともかく、奥歯に物が挟まっているようなジネディーヌ・ジダン監督の会見を聞くと、なにか解決し難いものがあるようにも感じられる。

ベイル欠場の理由は「彼がプレーしたくないから」ジダン監督の説明が話題に


(出典 news.nicovideo.jp)