(出典 football-tribe.com)



 マンチェスター・Cジョゼップ・グアルディオラ監督が、レアル・マドリードジネディーヌ・ジダン監督について語った。7月31日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 今月7日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第2戦で激突するマンチェスター・Cレアル・マドリード。2月に行われた第1戦ではアウェイマンチェスター・Cが2ー1で勝利を収めたが、グアルディオラ監督はジダン監督の存在を称えつつ、気を引き締めているようだ。以下のように語った。

「彼は、選手としても監督としても称賛に値する存在だと思う。特に現役時代の彼は素晴らしく、私は共にプレーしたいと思ったこともあった。フランス代表を相手にしなければならないという不運にも見舞われたね」

「ラウンド16の第1戦では勝利したが、まだラウンド8への勝ち上がりが決まったわけではない。我々は今、どのような気持ちで第2戦に臨むべきか試されているように思うよ」

「もし勝利できなかったら、私は失敗したことになるのだろうか?当然失敗する可能性は、誰にだってあるだろう。重要なのは、戦いに挑むことなんだ。勇気を持ってトライして、勝利を収めるつもりだよ」

 中断期間を経てマンチェスター・Cホームで第2戦が行われるが、大会屈指の好カードはどのような結末を迎えるのだろうか。

マンチェスター・Cのグアルディオラ監督(左)とレアル・マドリードのジダン監督(右) [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)