(出典 amd.c.yimg.jp)



久保建英 写真提供: Gettyimages

 次の行き先がまだ決まっていない日本代表MF久保建英が、現所属クラブのマヨルカでのシーズン振り返り、忘れられない良い経験になったことを語った。『onefootball.com』が報じた。

 久保は終了したシーズンとマヨルカについて「とてもいいシーズンでした。マヨルカではサッカー選手としても人としても成長することができました。たくさんの仲間に恵まれ、彼らと共に良い時期も辛い時期も過ごしました。また、優しくしてくれたこの島のサポーターのことも忘れないです」とコメントした。

 続けて自身のサッカー哲学にも触れ「ドリブルが大好きで、サッカーで学んできたことの一つです。僕にはこれからまだ時間があるし、成長する余白もたくさんあります。子供の時は朝8時から夜遅くまでサッカーだけをしてきました。一度も疲れたと思ったことがありません。サッカーは僕の全てです」と語っている。

 現在久保の獲得を狙うのはオサスナ、アヤックスミランなど。果たして久保の次のレンタル先はどのクラブになるだろうか。



(出典 news.nicovideo.jp)