(出典 img.footballchannel.jp)



マジョルカが、レンタル移籍期間が終了して退団した日本代表MF久保建英メッセージを送った。

久保は、2019年夏にFC東京からレアル・マドリーへと完全移籍。プレシーズンはマドリーのファーストチームとともにフレンドリーマッチなどに出場したが、EU圏外枠の問題もありマジョルカに1年間のレンタル移籍で加入していた。


マジョルカでは、ラ・リーガで35試合4ゴール5アシストを記録。チームは降格の憂き目にあったものの、要所で力を発揮し、チームの攻撃の核を担っていた。

シーズンの去就が注目を集める久保だが、マジョルカが公式ツイッターで動画を投稿。久保へ感謝のメッセージを送った。

「本当にありがとう、タケ」

「僕らは君のそばにいれて嬉しかったよ」

「君は僕らファミリーの一員になった」

「目標は達成できなかったけど、僕らは一緒になって最後の一滴まで汗を流して戦った」

「また再開するのを楽しみにしているよ」

「日本は僕らの心の中にずっとあり続ける」

マジョルカでは、大久保嘉人(東京ヴェルディ)、家長昭博(川崎フロンターレ)に続いて3人目の日本人選手となった。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)