(出典 zunzunblog.net)



レアル・マドリーフランス代表DFラファエルヴァランがチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の逆転突破を意気込んだ。スペインマルカ』が伝えている。

3シーズンぶり34回目のラ・リーガ制覇を果たしたマドリー。残す大会はCLとなっているが、2月下旬にホームで行われたCLラウンド16・1stレグのマンチェスター・シティ戦では1-2の逆転負けを喫している。

逆転突破には2点差以上の勝利が絶対条件。主将DFセルヒオ・ラモス1stレグでの一発退場で出場停止となり、暗雲が垂れ込めている状況だが、守備の要として期待されるヴァランは逆転突破を誓った。

「何だってできる。それがレアル・マドリーだ。たとえ困難な状況であっても、希望は常にある。このユニフォームを着れば、責任は僕らにある。難しい試合が待っているのはわかっているが、信じられないほどハングリー。それに取り組むよ。ファンのおかげだし、結果は予想できないが、最後まで戦うよ」

なお、CLラウンド16・2ndレグは8月7日にシティのホームで行われる。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)