(出典 f.image.geki.jp)



マンチェスター・ユナイテッドに対して、U-21イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(18)の活躍に報いようとする動きがあるという。

ユナテッドの下部組織育ちのグリーンウッドは本格的にトップチームプレーする今季途中まで途中起用が主だったが、今や右サイドハーフレギュラーポジションを奪取して、ここまで公式戦44試合に出場。両足遜色のないシュートスキルを生かして、16得点5アシストの活躍を披露している。

そんなグリーンウッドは昨年10月に1年間の延長オプションが付随した5年契約を締結したばかりだが、イギリスデイリーメール』によると、ユナイテッドが今季の活躍ぶりを受け、条件の見直しを考慮。契約期間だけでなく、昇給やボーナス条項も追加され、給与面も見直されるようだ。

なお、グリーンウッドの現週給は推定2万5000ポンド(約330万円)。ユナイテッドは新たに週4万ポンド(約530万円)の新契約を準備している模様だ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)