(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。

しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。



今回はユベントスポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーがナポリ戦で見せた好セーブだ。

若くして才能を開花させたシュチェスニー。アーセナルプレーした後、イタリアに渡ると、ローマで安定した活躍を見せ、2017年夏に絶対王者ユベントスに加入。同クラブレジェンドGKジャンルイジ・ブッフォンが長年付けた背番号「1」を継承している。

そんなシュチェスニーは、2019年8月31日に行われたセリエA第2節のナポリ戦で、素晴らしいセーブマークした。

シーズン開始早々にユベントスナポリが対戦するという好カードとなったこの試合は、序盤からお互いに激しい攻防を展開する中、13分、ナポリに決定機が訪れる。

FWロレンツォ・インシーニェがユベントスのボックス内に侵入すると、ボックス内の守りを固めるユベントスの裏をかき、ボックス手前でノーマークになっていたMFアランへパス。

フリーボールを受けたアランは一度トラップし、体勢を整えてから右足で狙い澄ましたミドルシュートを放つ。アランが放った弾丸ミドルは、右サイドネットに突き刺さるかのように見えたが、シュチェスニーがすかさずセーブし、左手一本でボールをはじき出した。

完璧なシュートセーブされたアラン、これにはがっかりと肩を落とし失笑するしかなかった。その後、試合は4-3と稀に見る打ち合いの末、ユベントスが勝利している。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)