(出典 portal.st-img.jp)



バルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレが屋外でのトレーニングを開始した。クラブ公式サイトが伝えている。

デンベレは今年2月に右足大腿二頭筋腱を断裂し、フィンランドで手術を受けることになり、全治6カ月の長期離脱を余儀なくされた。

以降は屋内でのジムワークなど、慎重な形でのリハビリプログラムをこなしていたが、14日には初めて屋外での個人セッションを実施。スプリントやスラロームといったメニューをこなし、完全復帰に向けた第一歩を踏み出した。

なお、このままリハビリが順調に進んだ場合、来月に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグ、ナポリ戦での復帰も期待されるところだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)