(出典 img.footballchannel.jp)



ユナイテッドエバートン、ウォルバーハンプトンの名前が挙がる

 スペインの強豪レアル・マドリードに所属のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの将来は、イングランドプレミアリーグにあることが極めて濃厚だという。スペイン紙「AS」が報じている。

 ハメスは昨季までレアルからドイツ王者バイエルン・ミュンヘンに2シーズンにわたる期限付き移籍をしてプレーしたが「バイエルンプレーし続けたくなかったのは僕の判断。クラブに買い取りオプションを行使しないように頼んだ。彼らはそれを望んでくれたけど、僕が快適でなかったから。その時の僕の決断はそうであり、後悔はしていない」と、今季開幕前に保有権がレアルに戻った。

 しかし、今季のハメスはリーグ戦8試合出場1ゴール1アシストと戦力になったとは言い難い。今季終了後に契約が残り1シーズンとなることから、放出は極めて濃厚になった。そして、その将来はプレミアリーグ行きになる見込みのようだ。

「AS」によると、現状ポールポジションに立っているとされるのが名門マンチェスター・ユナイテッドで、カルロアンチロッティ監督が獲得を熱望するエバートンと、ウォルバーハンプトンもあきらめていない状況にあるという。

 いずれにしても、ハメスの将来がレアルにないことはほぼ確実だと伝えられている。2014年ブラジルワールドカップ(W杯)で世界トップクラスの存在へと評価を高めたハメスは、イングランドで復活することができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

レアル・マドリードMFハメス・ロドリゲス【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)