(出典 amd.c.yimg.jp)



ファイナンシャル・フェアプレー制度(FFP)違反によって、UEFAから罰金とチャンピオンズリーグ出場禁止処分を受けていたマンチェスター・シティ

だが、スポーツ仲裁裁判所はその処分を撤回する裁定を下した(ただし、1000ユーロ<およそ12.1億円>の罰金は支払う)。

この裁定に対しては、各方面から異論が出ている。リヴァプールユルゲン・クロップ監督は「フットボールにとっていい日ではなかった」と述べ、トッテナムジョゼ・モウリーニョ監督も「不名誉」などと発言。

そうしたなか、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が反論した。『Guardian』によれば、こう述べたという。

ジョゼップ・グアルディオラマンチェスター・シティ監督)

ジョゼや他の監督たちは知っておくべきだ。我々はダメージを受けた、我々は謝罪されるべきであることを。

もし我々が間違ったことをやった場合にはUEFACASの決定を受け入れる。

リヴァプールトッテナムアーセナルチェルシー、ウルヴス(ウォルヴァーハンプトン)らが我々を守ってくれるとは期待していない。

だが、我々は自分自身を守ることができる。自分たちがやったことが正しいと信じている時には自分を守る権利がある。

CASの)3人の判事がそう言った。我々は欧州の全てのクラブと同じルールプレーしているので、フットボールにとっていい日だった」

「我々はダメージを受けた。人々は我々がチートをして嘘をついていると言っている、何度もね。そこに推定無罪はなかった。

(シティに対する揶揄がなくなれば)いいことだろうが、そうなるとは思わない」

「(シティが)ここにいることについて、リヴァプール、(マンチスター・)ユナイテッド、特にアーセナルは不快だろう。

だが、我々はここにいるのにふさわしい。ここにいるために許可を求める必要はない」

プレミアリーグの8チームリヴァプールレスターチェルシーマンチェスター・ユナイテッド、ウォルヴァーハンプトン、トッテナムアーセナルバーンリー)は、シティのCL出場に反対していたとされている。ペップはそのことをしっかり覚えていたようだ。

また、ペップラ・リーガのハビエル・テバス会長にも反撃。シティを欧州大会から追放すべきと訴えていた同氏について、「やつはイングリッシュフットボールに嫉妬しているに違いない」と斬り捨てた。

そんなペップがシティFWガブリエウ・ジェズスにいちゃつくシーンがこちら。

顔が近すぎる…。

【関連記事】プレミアリーグ「この10年で最悪の補強」ワースト10

さすがにジェズスはちょっと引いていたようだ。

「シティに謝罪すべき」 ペップ、逆転無罪でモウリーニョらに苦言


(出典 news.nicovideo.jp)