(出典 img.footballchannel.jp)



レオナルドを魅了している」「レアルの原石で運試し」と仏紙が特集

 マジョルカの日本代表MF久保建英レアル・マドリードから期限付き移籍しているなか、日本人アタッカーを巡って複数のクラブが獲得に関心を寄せている。フランス王者パリ・サンジェルマンPSG)も新天地候補として浮上するなか、「PSGはまだ動いている?」「レアルの原石で運試し」とフランス紙「le10sport」が特集を組んでいる。

 昨夏にFC東京からレアルへ完全移籍した久保は、開幕直後にマジョルカへ1年間の期限付き移籍が決まり、ここまでリーグ戦33試合4ゴール4アシストと活躍。19歳の日本人アタッカーは日に日に評価を高めており、複数のクラブが新天地候補として報じられている。

 そうしたなかフランス紙「le10sport」は、「レオナルドレアルの原石で運試し」と特集。かつてJリーグ鹿島アントラーズプレーした元ブラジル代表MFレオナルド氏がPSGスポーツディレクターを務めるなか、日本人アタッカーに関心を示していると伝えている。

「“日本のメッシ”の異名を持つ彼は、マジョルカで素晴らしいシーズンを過ごしている。19歳という若さで、最近昇格したチームの大黒柱となり、リーガで30試合以上に出場している。PSGスポーツディレクターであるレオナルドを魅了しているなか、今夏にトーマス・トゥヘル監督の仲間入りをすることを望んでいる」

 記事では「PSGはまだ久保獲得に動いている?」と問いかけつつ、「パリ・サンジェルマンも獲得を狙うクラブの一つだ。レオナルドは来季、久保が首都クラブユニフォームを着用することを期待している」と続けた。

 PSGは久保の獲得に本腰を入れていると見られるなか、争奪戦はさらに激化しそうだ。(Football ZONE web編集部)

PSGのレオナルドSDは未だに久保建英に関心を示しているようだ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)