(出典 img.footballchannel.jp)



リバプールが、クロアチア代表DFデヤン・ロブレン(31)との契約延長を考慮しているようだ。イギリスBBC』が報じた。

リバプールは、今シーズンプレミアリーグで圧倒的な強さを見せつけ、30年ぶりのリーグ優勝、初のプレミアリーグ制覇を成し遂げ、昨シーズンチャンピオンズリーグ(CL)優勝に続いてタイトル獲得となった。


そんなリバプールは、ロブレンとの契約延長を考慮しているとのこと。2022年夏までの1年間延長するオプションを行使することを考えているようだ。

ブレンは、ゼニト・サンクトペテルブルクが獲得に興味を持っているとされるが、リバプールへの接触はまだない状況だ。

ブレンはディナモ・ザグレブやリヨンプレーしたのち、サウサンプトンへ移籍。2014年7月にリバプールへと完全移籍で加入した。

リバプールではここまで公式戦185試合に出場し8ゴール5アシストを記録。今シーズンプレミアリーグで10試合に出場し1アシスト。CLやFAカップなど、公式戦では15試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。

ブレン2021年夏までリバプールと契約を結んでいる状況。来夏の獲得を目指すクラブもあった中、リバプールが1年間の延長オプションを行使すれば、より高い移籍金を手にできる可能性もありそうだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)