no title


ファーガソン氏が「キャリア最悪の獲得選手」と評したポルトガル人FWベベ

 イングランドを代表する世界的な名門クラブマンチェスター・ユナイテッドは、毎年のように世界各国からスタープレーヤーを獲得している。この10年間で費やした金額は10億ポンド(約1350億円)以上とされるが、そのなかで「ワースト補強10選」を英紙「デイリースター」が報じている。

 シーズン再開後、ようやく強さを取り戻してきたユナイテッドだが、サー・アレックス・ファーガソン監督が退任してからは、迷走を繰り返してきた。2010年以降、大枚をはたいて獲得した選手たちでも活躍できなかった者は多い。

 最も期待を裏切った選手に挙げられたのが、ポルトガル人FWベベ(ラージョ・バジェカーノ)だ。ファーガソン氏に「キャリア最悪の獲得選手」と言わしめたベベについて、記事では「ホームレスストリートサッカー出身のベベは、おとぎ話のようなキャリアを歩めた。ただし、彼はオールド・トラフォードピッチでは印象を残すことができず、2試合に出場したのみで、レンタル移籍に放出された」と記している。

 栄光の背番号7に見合う活躍ができなかったオランダ代表FWメンフィス・デパイ(リヨン)、当時のプレミアリーグ記録となる移籍金で加入したアルゼンチン代表FWアンヘル・デ・マリアパリ・サンジェルマン)、29試合で4得点に留まったコロンビア代表FWラダメル・ファルカオガラタサライ)が続けて紹介されている。

香川が5番目に登場 「ドイツで見せていたようなプレーは披露できず…」

 そして5番目に登場したのがMF香川真司(サラゴサ)だ。

 記事では「ユナイテッドファン2012年夏、香川の加入に興奮した。日本人プレーメーカーは、加入直前のドルトムントではブンデスリーガで31試合に出場し、13得点8アシストを記録していた。しかし、彼の獲得を進言したサー・アレックス・ファーガソン氏の下ではプレーできなかった。中央よりも、サイドでのプレーが多く求められた香川は、ドイツで見せていたようなプレーは披露できず、ユナイテッドでは迷子になった」と、期待が大きかったがゆえの落胆を伝えている。

 その他には、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(ローマ)、現在もユナイテッドに籍を置いているアルゼンチン代表DFマルコス・ロホ、チリ代表FWアレクシス・サンチェスインテル)、元フランス代表MFモルガン・シュネデルラン(ニース)、そして元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが名前を並べることとなった。

 登場した大半の選手が別クラブでは中心選手として活躍し、国際的な選手となっているが、ユナイテッドでは本来のポテンシャルを発揮できずに終わっている。(Football ZONE web編集部)

マンチェスター・ユナイテッドの「ワースト補強10選」に選ばれた選手たちとは…【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)