(出典 portal.st-img.jp)



ピッチ外の隅からゴールを狙う「TAKE CHALLENGE」を公式YouTubeチャンネルが公開

 マジョルカの日本代表MF久保建英は、今季のリーガ・エスパニョーラで32試合に出場し4得点4アシストマークするなど、攻撃の中心選手としてチームを牽引している。さらなる活躍に期待が高まるなか、現地メディアは練習中に見せた驚愕のテクニックに注目している。

 久保は今季レアル・マドリードからマジョルカに1年間の期限付き移籍で加入。シーズン序盤こそベンチを温める試合もあったが、徐々に信頼を勝ち取ると直近11試合連続でスタメン出場。新型コロナウイルスによる中断期間が明けた6月以降は、レアルアトレティコ・マドリードといったリーガ屈指の強豪クラブを相手に強烈なインパクトを放つなど、存在感を発揮している。

 第35節レバンテ戦(2-0)では約50メートルをドリブルで駆け上がりダメ押しとなる今季4ゴール目を決めるなど、残留争いを強いられているチームで大黒柱としての輝きを披露。その後、リーガ公式SNSのヘッダー画像に久保が起用されたように、現地での注目度は日に日に増している。

 そうしたなか、スペイン紙「AS」はマジョルカの公式YouTubeチャンネルに投稿された1本の動画に着目。「TAKE CHALLENGE」と題されたその動画では、久保がピッチ外の隅から左足のアウトサイド付近でボールを蹴り上げゴールを狙う姿が公開されており、高度なテクニックが要求されるこのチャレンジを、見事に成功させている様子が収められている。

「AS」は「これはもう物理学の限界を超えている:究極のトリックで誰もが衝撃を受けた」と動画付きで紹介し、「ありえない角度から日本人ゴールを奪った。ボールが入ったのを見て再び謙虚さを見せた」と、久保が見せた“神業”を綴っている。

 驚愕のテクニックで観る者を魅了した久保。現地時間12日に行われるリーガ第36節セビージャ戦での活躍にも期待したい。(Football ZONE web編集部)

マジョルカMF久保建英が練習で見せたトリックショットとは…?【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)