(出典 syuri.biz)



たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。

しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。

今回はチリ代表GKクラウディオブラーボがバルセロナ時代に見せたセーブだ。



チリの強豪コロコロデビューしたブラーボは、2006年から2014年に渡ってレアルソシエダの守護神として活躍。2014年夏にバルセロナへ移籍すると、長年同クラブで活躍した守護神ビクトル・バルデスの穴を埋める活躍を見せた。

足元の技術の高さと優秀なシュートストッパーとしての実力を兼ね備えるGKとして定評のあるブラーボだが、加入初シーズン2014年8月6日に行われたナポリでのプレシーズンマッチで、素晴らしい反応のセーブを見せている。

0-0で迎えた前半13分、ピッチ中央付近でFKを得たナポリキッカーのFWホセ・カジェホンがボックス内にクロスを上げると、ゴールから離れる動きを見せてフリーになったMFマレク・ハムシクが頭で合わせる。完璧にミートしたヘディングで、ボールゴール右隅に吸い込まれるように見えたが、ブラーボがアクロバティックな横っ飛びでこれをセーブ。左手一本でボールを上手く弾き、コーナーに難を逃れた。

プレシーズンマッチであっても全く手を抜かないスーパーセーブを見せたブラーボは、バルセロナ加入初シーズンであったが、いきなりリーグ戦での正GKを任せられ、守護神として重宝された。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)