no title



スペイン代表が初めてワールドカップを制した2010年アフリカ大会。

アンドレス・イニエスタが伝説のゴールを決めたオランダとの決勝戦が行われたのはちょうど10年前の7月11日だ。

当時の守護神として世界制覇に大貢献したイケル・カシージャスが『Marca』のインタビューでこんな話をしていた。

イケル・カシージャス(元スペイン代表GK)

「僕らには自分たちがスペインサッカー界の歴史的時代の一部になったという意識があった。

人々は街中で感謝を示してくれた。出身がマドリッド、バルセロナセビージャ、マラガ、バレンシアなのかは関係なくね。僕らは国を幸せにしたことに気付いたんだ」

「(唯一無二だった2つの瞬間について)

最初の成果は2010年W杯後にカルレス・プジョルが引退するのを思い留められたことだった。

もうひとつは試合後にあった。

隣に座るチャビエルナンデスを見て、僕は真剣にこう言ったんだ。『僕らはもう全てを勝ちとったけれど、あとは何が残っているかな?』と。でも、まだEURO2012があった。

ワールドカップは特別だ。僕らが子供の頃から夢見ていたことだった。

でも、EURO2008も特別だった。あそこから全てが始まって、自分たちの歴史を変えた」

アンドレス(・イニエスタ)のゴールは全員のゴールだった。僕らが長年探し求めていたゴール(目標)だった。

僕らは1992年バルセロナ五輪とEURO1964以外では成功したことがなかったサッカー国だった。

2010年W杯はとてつもない喜びだったし、自分たちの名前を世界王者として刻めるのは特別なことだった。

だから、7月11日スペインサッカーにとって大事な日なのさ」

そんなカシージャスチャビから「人生最高のセーブ」と激賞されたW杯決勝での伝説プレーがこれ!

絶体絶命ピンチを阻止!

【関連記事】2020年になると「10年前」になってしまうサッカー界の出来事

アリエン・ロッベンを絶望させたあまりに価値のあるセービングだった。

「イニエスタの伝説弾」はどれほど凄い意味だったのか カシージャスが教えてくれた


(出典 news.nicovideo.jp)