(出典 img.footballchannel.jp)



モレノ監督がスペインメディアで言及 「凄い選手になる可能性が垣間見える」

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間9日のリーガ・エスパニョーラ第35節レバンテ戦に先発出場し、後半39分に追加点を決めて2-0の勝利に貢献した。6月のリーガ再開後、全試合に先発出場している久保は、試合を追うごとに評価を高めているが、チームを率いるビセンテ・モレノ監督も保有元のレアル・マドリードでの将来的な成功を確信しているようだ。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

 今季開幕後にレアルからマジョルカに期限付き移籍した久保は、シーズン序盤こそベンチを温める試合もあったが、徐々にレギュラーの地位を確保すると直近11試合連続でスタメン出場。特に新型コロナウイルスによる中断期間が明けた6月以降は、第31節レアル戦(0-2)での3人抜きドリブルや第33節セルタ戦(5-1)での2アシストを含む4ゴール演出、第34節アトレティコ・マドリード戦(0-3)での相手DF置き去りのドリブル突破など、強烈なインパクトを放ってきた。

 そして1部残留のために勝利が必須だったレバンテ戦では、値千金の一撃を決める。1-0で迎えた後半39分、ハーフウェーライン手前でボールを受けた久保はドリブルを開始。巧みなステップワークで相手DFを揺さぶりながらペナルティーエリア内に侵入すると右足でシュートを放つ。これは相手GKに阻まれたものの、マジョルカがボールを拾ってつなぎ、MFサルバ・セビージャシュートのこぼれ球に久保がいち早く反応して蹴り込んだ。

 スペインラジオ局「カデナ・セール」の番組「エル・ラルグエロ」の取材に応じたモレノ監督は、レバンテ戦の勝利を受けて「もし我々が(残り3試合で)勝ち点9をつかめば多くの可能性を持つことになると確信している」とコメント。そのうえで「我々は最終節で1部残留の可能性を残しているのを楽しみにしている。この先やらなければならない仕事はたくさんあるが、これまでより少し多くの前向きな姿勢でそれを見ている」と、残留圏内の17位アラベスとの勝ち点差が「3」に詰まったことをポジティブに捉えていた。

「今日の時点で、彼はマジョルカへ来た時よりずっと良い」

 そしてチームを勝利に導く活躍を見せた久保について問われた指揮官は、「クボがレアル・マドリードで勝利を勝ち取るかって? 間違いない」と断言。さらに「今日の時点で、彼はここマジョルカへ来た時よりずっと良い。そして良くなる余地がたくさんある。凄い選手になる可能性が垣間見える」と付け加えて称えた。

 久保の去就を巡っては、スペイン国内のレアルソシエダやベティス、バジャドリードのほか、パリ・サンジェルマンACミランなどがレンタル移籍での獲得を計画していると報じられる一方、最近の活躍を受けて保有権を持つレアルプレーする可能性も伝えられるようになった。残り3試合となったリーガで、自動降格圏の18位に沈むチームを救うパフォーマンスを見せられれば、久保の評価はより一層高まり、去就報道もさらに過熱するはずだ。(Football ZONE web編集部)

マジョルカのビセンテ・モレノ監督がMF久保建英の成功を確信【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)