(出典 sportiva.shueisha.co.jp)



マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督がチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝以降の対戦カード決定に反応した。イギリススカイスポーツ』が報じている。

新型コロナウイルスの影響で3月から中断が続いたCLは8月にポルトガルの首都リスボンに一同が介して、約2週間で行われることに。クラブとして悲願のビッグイヤー獲得を睨むシティはラウンド16を突破すると、ユベントスorリヨンの勝者と激突する。

しかし、グアルディオラ監督はまだ決着がついていないレアル・マドリーとのベスト8行きをかけた戦いにしか興味がないようだ。11日に敵地で行われるプレミアリーグ第35節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦に先駆けた会見で、次のように話した。

「この場で私よりもレアル・マドリーのことを知っている者なんていない。彼らはCLで圧倒的な強さを誇るチーム。我々は彼らとの対戦にフォーカスしなければ。まずレアル・マドリーのことだけを考える。レアル・マドリーのことだけを考えるんだ。この大会のキングとの対戦前に先のことが頭のなかにあると、彼らはそこを突いてくる」

なお、ベスト16でレアル・マドリーと激突したシティは敵地での1stレグを2-1の先勝。8月7日ホームでのリターンレグに臨む。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)