(出典 amd.c.yimg.jp)



マンチェスター・シティバイエルンに所属するオーストリア代表DFダビド・アラバ(28)の獲得を検討しているようだ。イギリスミラー』が報じている。

2011年夏からバイエルンに加わり、左サイドバックセンターバック、中盤を高いレベルでこなせるユーティリティプレーヤーとして不動の地位を築くD・アラバ。しかし、バイエルンとの契約は2021年夏までとなっており、このままいけば売却を迫られる状況を見越して、複数クラブが視線を注ぐなかで、シティも動向を注視しているようだ。

今季のシティはフランス代表DFバンジャマン・メンディやウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコに左サイドバックポジションを託しているが、前者は故障離脱が多く、一貫性が欠如。後者は元々、攻撃的なポジションが主戦場の選手であり、ジョゼップ・グアルディオラ監督がバイエルン時代に指導したアラバに注目している模様だ。

しかし、シティにはアラバの獲得に際して、年齢面や契約内容、価格面の懸念もある様子。また、バイエルン側も守備的エリアへのコンバートで成功を収めたカナダ代表FWアルフォンソ・デイビスが台頭したが、アラバとの契約延長を望んでおり、フリー移籍を容認しない姿勢を示しているようだ。

ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反による2年間の欧州国際サッカー連盟(UEFA)主催大会出場禁止処分に対する不服申し立ての結果が13日に決定されるシティ。この結果が今夏の補強に大きく影響するとみられているが、果たして…。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)