(出典 www.football-zone.net)



スペインメディアが来季のレアル残留を主張 「大きな挑戦に向かう準備ができている」

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、今季リーガ・エスパニョーラで31試合に出場し3得点4アシストの成績を残している。特に直近の10試合ではスタメン出場を続け、第33節セルタ戦(5-1)では4ゴールを演出、前節アトレティコ・マドリード戦(0-3)でも強豪相手に卓越した技術を披露するなど強烈なインパクトを放ち、海外での評価を高めている。そうしたなかスペインメディア「FICHAJES」は、「すでにマドリードプレーするための準備ができている」と、保有元である名門レアル・マドリードで来季プレーすべきとの見解を示している。

 今季レアルからマジョルカに期限付き移籍中の久保に対する評価は、ここにきてうなぎ上りだ。チームは降格圏の18位と苦しんでいるものの、6月24日に行われた第31節レアル戦(0-2)で3人抜きドリブルを見せるなど確かなインパクトを残すと、セルタ戦では2アシストを含む4ゴールを演出。アトレティコ戦でも相手DFを置き去りにするドリブル突破など、そのパフォーマンススペインをはじめとする各国メディアの注目を集め、来季の去就を巡る報道も過熱している。

 そうしたなか「FICHAJES」は、「すでにマドリードプレーするための準備ができている」と見出しを打ち、「若干19歳の日本人選手は、将来コンフント・ブランコ(=レアル・マドリード)で欠かせない存在になるだけのサッカー条件を証明しており、それは来季を含めたものになっている。アジアの偉大な才能は、その大きな挑戦に向かうだけの準備ができているようだ」という現地記者の見解を紹介している。

 久保の去就を巡ってはEU圏外枠の兼ね合いもあり、来季もレンタルに出されることが濃厚と報じられてきた。スペイン国内のレアルソシエダをはじめ、パリ・サンジェルマンPSG)やACミランなど国外の名門クラブ行きも取り沙汰されてきたが、同メディアは最近の久保の活躍を受けて、「来シーズンジネディーヌ・ジダン監督の指揮下でプレーするチャンスが与えられるべきだという声が出始めている」と指摘する。

レアルの右サイドで「重要な役割を担う可能性はある」

 仮に来季レアルに残留した場合、「クボが絶対的なレギュラーにならないのは明らか」としたうえで、「ギャレス・ベイルルーカスバスケスがサンティアゴ・ベルナベウを去ることになった場合、右サイドに欠員が出るため、この位置で素晴らしい活躍をしてきたクボが重要な役割を担う可能性はある」と、現在のマジョルカで主戦場とする右サイドで戦力になり得るとした。

 そして同メディアは、PSGなどが期限付き移籍での獲得を狙うなか、保有元であるレアルに対し「日本人選手の状況を改めて真剣に検討し始め、今後数年で世界最高の選手の1人になるだけの発展を続けることを再計画すべきかもしれない」と提言している。

 マジョルカでの今季の戦いは残り4試合。残留圏内の17位と勝ち点「6」差と危機的状況を迎えているなかで、久保がどんなプレーを見せてチームを救い、自身の未来を切り拓いていくのか――。その一挙手一投足には今後、さらに熱い視線が注がれそうだ。
Football ZONE web編集部)

レアルからマジョルカにレンタル中の久保建英【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)