no title



サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元西ドイツ代表FWのゲルト・ミュラー氏がバイエルン時代に決めたゴールだ。


1963年にTSVネルトリンゲンでプロデビューし、1年後にはバイエルンへ移籍。15年間の在籍の中で、リーグでは7度の得点王に輝き、リーグ通算365ゴール(427試合)を奪った。1972年にはブンデスリーガで40得点を記録。この記録は現在でも破られていない。

1976年10月20日に行われたヨーロピアン・カップのラウンド16、バニーク・オストラヴァ(チェコ)との1stレグでは見事なゴールを決めている。

2点ビハインドの53分、バイエルンは右サイドを攻略すると、ゴール前へクロスボールを供給する。相手DFの方がボールの落下点には近かったように見えたものの、走りこんだゲルト・ミュラーは思い切り体を伸ばしてジャンプした。ゲルト・ミュラーは驚くほどの跳躍力と滞空時間で先にボールに触ると、見事なヘディンシュートゴール左に決めた。

その得点力からゲルト・ミュラー氏についたあだ名は“デル・ボンバー(爆撃機)”。かつて最強を誇った西ドイツ代表でも、クラブ同様にゴールを量産。1970年1974年の2度の出場だけでワールドカップ通算14得点を奪い、2006年ドイツワールドカップで元ブラジル代表FWロナウド氏が塗り替えるまで32年間、記録を保持していた。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)