no title



アトレティコ戦で久保が残したインパクトに注目「レアルが必死になった理由が分かった」

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間3日、リーガ・エスパニョーラ第34節のアトレティコ・マドリード戦でフル出場した。チームは0-3の完敗を喫したが、久保は堅守を誇るアトレティコを相手に圧巻のドリブル突破を見せ、確かなインパクトを残した。そうしたパフォーマンスを受け、英メディアは「いつかレアルスーパースターになることを証明した」と大々的に取り上げている。

 降格圏の18位に沈んでいるマジョルカは、前節で残留争いを演じるセルタとの直接対決に臨み、5-1と圧勝した。久保は4得点に絡む2アシストの活躍を披露。今節ではリーガ屈指の強豪アトレティコとの対戦を迎え、久保は10試合連続となる先発を飾るも、試合は両チームの力の差が浮き彫りとなる形で3失点の完敗となった。

 一方、久保は随所で存在感を発揮する。前半7分にアトレティコの守備網を打開する強烈なドリブルを見せると、前半42分には相手選手3人に囲い込まれるも、瞬発力あるダブルタッチで右サイドを突破する個人技を披露。後半14分には右サイドからドリブルでペナルティーエリアに侵入し、マッチアップしていた相手DFマヌエル・サンチェスを鋭い切り返しで転倒させ、シュートまで持ち込んだ。このシーンの直後、敵将ディエゴ・シメオネ監督は幾度となく久保の突破を許したサンチェスに途中交代を告げている。

 チームを勝利に導くことこそできなかったが、久保の残したインパクトに英メディア「GIVE ME SPORT」は「アトレティコ戦の久保のハイライトは、彼がいつかレアルスーパースターになることを証明した」と見出しを打って取り上げている。

 記事では「久保建英は世界で最もエキサイティングなティーンエイジャーの一角だ」と明言し、アトレティコ戦のパフォーマンスを受け、「悪くないどころの話じゃない。レアルが彼の獲得にどれだけ必死になったのか、その理由が分かった」と惜しみない賛辞を送っている。

 同メディアはさらに「日本の誇るティーンエイジャートップ・オブ・トップチームトップ・オブ・トップチームメートとともに何を生み出すのか本当に見てみたい。うまくいけば、我々は彼がレアルユニフォームに袖を通す姿を見るのに長い月日を待つ必要はなさそうだ」と、サッカーの母国イングランドメディアも久保の今後の飛躍に期待を寄せていた。(Football ZONE web編集部)

アトレティコ戦で持ち前の技術を披露したマジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)