(出典 www.theworldmagazine.jp)



レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、アスレティック・ビルバオとのアウェイゲームに向けた意気込みを語っている。クラブ公式サイトが前日会見のコメントを伝えている。

前節、ヘタフェとの自治州ダービーに競り勝って3年ぶりの優勝に向けて突き進む首位のマドリー(勝ち点74)。同節で3位のアトレティコ・マドリーと引き分けた2位のバルセロナ(勝ち点70)との勝ち点差は「4」に広がり、悲願達成に更なる追い風が吹いている。

再開後6連勝と抜群の安定感を誇るフランス指揮官率いるチームは5日、7連勝を目指し、難所サン・マメスで行われるラ・リーガ第34節で8位のビルバオと対峙する。

リーグ再開後のすべての試合を“決勝戦”と評するフランス指揮官は、「もう一つの非常に難しい試合」と、アスレティック相手のアウェイゲームに向け、苦戦を覚悟している。

「もう一つの非常に難しい試合。サン・マメスは全てのチームにとって難しいピッチで、我々はそれをよく理解している。素晴らしい試合をしなければならないが、その準備はできている」

「残り試合は少なくなっていて、3日ごとに試合があり、疲労回復やフィジカル、トレーニングでやっていることなど、あらゆる部分で高い集中力が必要だ。そして、最終的に大事なのはディテールだ」

「我々の状態は良く、プレーヤーたちと個々の練習を楽しんでいる。難しい試合になることは覚悟しているし、全てのエネルギーは明日の試合のためのものだ」

ラ・リーガは非常にハードで、最後までそうなる。我々は正しい道のりを進んでいるが、まだ何も終わっていない。我々の前には5試合があり、これまで通りのことを継続していくつもりだ」

また、この一戦に向けては前節に続きベルギー代表MFエデン・アザール、ヘタフェ戦で負傷交代したフランス代表DFラファエルヴァランと主力2選手が招集外となっている。だが、ジダン監督は両選手をメンバー外としてのは、あくまで予防的な措置であることを強調している。

アザールはここ数日間、違和感を訴えている。我々はリスクを冒すことを望んでおらず、彼自身もそう考えている。それが深刻なものではなく、リーグ終了前に再び彼のプレー見られることを願っているよ。早く戻ってきて欲しい。強い打撲を負ったことは確かだが、それ以上のことは私にはわからない」

ヴァランは予防策として今回はプレーしないが、状態はだいぶ良くなっている。私としては彼に関してもリスクも冒したくない。これまで多くの試合でプレーしており、ここで少し休むのは悪いことではない」

さらに、ヴァランの欠場を受けて、DFセルヒオ・ラモスの相棒を務めるブラジル代表DFエデル・ミリトンに関しては、クオリティ不足を指摘する声が多く挙がっているが、ジダン監督は本領発揮まで長い目で見る必要があると、同選手への信頼を口にしている。

「彼は今年来たばかりで、ラモスヴァランのレベルにたどり着くためにや努力を続けている。しっかりとトレーニングをしており、良い仕事をしたいという気持ちもある。したがって、明日は彼がプレーする番だ。個人的には彼に満足している。彼は現在、そして未来のためのプレーヤーなのだからね」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)