(出典 trendy-trendy.net)



サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はマンチェスター・シティベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが決めたゴールだ。


ヴォルフスブルクで評価を爆発的に高めたデ・ブライネは、2015年夏にシティに入団。初年度から公式戦41試合16ゴール14アシストの結果を残した。中でも見事だったのが、2015年10月3日に行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスル戦でのゴールだ。

FWセルヒオ・アグエロハットトリックで3-1としたシティは53分、パスをつなぐと、右サイドへと展開。敵陣右サイド深くでボールを受けたMFヘスス・ナバスへと渡ると、ゴール前の様子を伺いクロスを供給する。

オフボールの動きで相手のマークを外し、ボックス内でフリーとなっていたデ・ブライネは、少し弾道が高かったクロスを、うまく体を倒しながら、右足でこすり上げるような形でボレーシュートを放つ。少しループ気味になったシュートには相手GKティムクルルも成す術なく、ファーサイドネットに吸い込まれていった。

この試合では、攻勢を緩めないシティがアグエロの5得点もあり、6-1で快勝。デ・ブライネも1ゴール2アシストと圧巻の活躍を見せた。

その後、ジョゼップ・グアルディオラ監督がシティ指揮官に就任した2016-17シーズンからはさらに爆発的な成長を果たしたデ・ブライネ。

シーズンチームの中心としての圧倒的な活躍を見せ、ここまでのプレミアリーグで30試合に出場し11得点17アシストという見事な数字を残しており、現代型司令塔の最高峰に君臨している。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)