no title


バイエルンは27日に行われたブンデスリーガ最終節のヴォルフスブルク戦を4-0で圧勝し、前人未踏のリーグ8連覇に花を添えた。

昨年11月にニコ・コバチ前監督からハンジ・フリック監督への監督交代を経験したバイエルンは、シーズンの大半を通じてドルトムント、RBライプツィヒらとの熾烈なタイトル争いに巻き込まれていた。

だが、最終的には26勝4敗4分けの見事な戦績を残し、2位のドルトムントに13ポイント差を付けての戴冠と王者に相応しい戦いぶりだった。

最終節は敵地ということもあり、気が緩んでもおかしくない状況だったが、エースFWロベルト・レヴァンドフスキ、MFトーマス・ミュラーの得点王&アシストコンビの活躍などで、ヨーロッパリーグ出場権を争ったホームチーム相手に4-0の圧勝を飾った。

同試合後、途中就任で見事にチームを立て直し、自身初のリーグタイトルを獲得したフリック監督は、短い言葉で今季のブンデスリーガでの戦いを振り返っている。クラブ公式サイトが伝えている。

チームが成し遂げたことを誇らしく思う。どのように対戦相手をプレスし、プレーに対する喜びを見せたか、その様子は私にとって毎試合多くの喜びをもたらした。とても誇りに思う」

「この結果はもちろん我々をさらに鼓舞するものだ。来シーズンは再び観客を入れることができて、我々がこのようなシーズンを繰り返せることを願っているよ」

また、自身はシーズンを通してコンスタントな活躍を続け、キャリアハイの34ゴールを挙げて得点王にも輝いたレヴァンドフスキだったが、前指揮官の下で戦った序盤戦を含め決して簡単なシーズンではなかったと主張している。

「難しかったけれど、最終的に僕たちの強さを発揮できたシーズンになった。最初の2、3カ月は幾つか問題を抱えていた。だけど、常に自分たちを信じ、とても良いサッカーを見せることができたと思うよ」

「34ゴールにとても満足しているし、チームメイトには本当に感謝しているよ。常にベストを尽くそうとしているし、とても誇らしく思う。チームとしてシーズン100ゴールに到達できたことも素晴らしいことだね。これは、僕たちが常に全力を出していることの証明だ。そのことにとても、とても満足しているよ」

一方、フリック体制で主力の座を取り戻し、最終的にアシスト王に輝くなどシーズン中盤からチームをけん引してきたミュラーは、8連覇という偉業に満足感を示しながらも、コロナ禍での特殊な状況でのシーズン閉幕に複雑な心境を抱いている。

「もちろんいつもと違う。これに慣れたくはないよ。でも、僕たちがシーズンを最後までプレーできるように尽力した全ての関係者を称えたい。ただ、最大の感謝はここにいないファンに捧げるよ!」

「この状況でも引き続きフットボールを愛している人たち。徐々に彼らがスタジアムに戻れるようになることを願っているよ。もちろん、競争は変わらず激しいものだ。だけど、気持ちと“何のために”プレーするのか、その理由が欠けているんだ」

「僕たちが中断明けにこのような形で戻って来たことを楽しんでいる。シーズン後半は本当に素晴らしかったよ。“相応しい結果”と言えるだろう。クラブにとっても僕個人にとっても、秋頃は簡単ではなかった」

「だからこそ、僕にとって初めての優勝と同じくらい密度の濃い、エモーショナルな優勝になったかもしれないね。このためにとても多くの努力を行ってきたからね。また、若いプレーヤーたちが他のプレーヤーの言うことに耳を傾け、それが実を結び、一緒に成功を成し遂げたという感じがするよ」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)