no title



バジャドリード会長のロナウド氏がチリ代表FWの獲得に関心

 イングランドプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドからイタリアセリエAインテルへ期限付き移籍中のチリ代表FWアレクシス・サンチェスに対し、現在スペイン1部バジャドリードの会長を務める元ブラジル代表ロナウド氏がラブコールを送っているという。

 サンチェスはユナイテッドからインテルへ1年間の期限付き移籍となったものの、途中で負傷離脱した期間もあり期待に応えているとは言いがたい。来季に向けた買い取りオプションについても、行使されないことが極めて濃厚だとされる。

 一方で、英紙「デイリーメール」はバジャドリードの株式82%を所有して会長を務めるロナウド氏が、サンチェスについて「もしインテルが買い取らないなら、私たちが獲得する用意がある」とコメントしているとした。

 スペインではバルセロナでのプレー経験を持つうえに、スペイン語圏のチリ人だけにコミュニケーションには全く問題がない。サッカー史に残るレジェンドクラスの元ストライカーからの誘いは、サンチェスにバジャドリード行きを決断させるだろうか。(Football ZONE web編集部)

バジャドリードの会長を務めるロナウド氏とインテルFWアレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)