(出典 contents.gunosy.com)



【歴代名手の“私的”技術論|No.8】中島翔哉日本代表MF):森保ジャパンで最も“違い”を作れる特別なアタッカー

 現在の日本代表で最も「違い」を作れるプレーヤーは、中島翔哉ポルト)だろう。

 小柄な体躯はむしろ有利に働いていて、狭いところへ追い込まれてもすり抜けられる。正確で鋭いシュートを素早く放ち、ラストパスのアイデアもある。ボールに触れば何かが起こる――そう思わせる特別なアタッカーだ。

 一方で、中島はチームに問題も投げかける。左サイドハーフが主な持ち場だが、DFの近くまで引いてボールを預かり、そこからドリブルとパスで一気にゴールへ迫るスタイルゆえに、守備に切り替わった時に自分のゾーンへ戻れない。

 行動範囲を主に左サイドに制限してしまえば守備には入れるが、それでは中島の攻撃力を削ぐことになってしまう。そもそもサイドに固定しても、守備力にはあまり期待できない。

 リオネル・メッシバルセロナ)やクリスティアーノ・ロナウドユベントス)など、守備の勘定に入っていないウイングは存在する。メッシロナウドも攻撃ではゴール前へ入って行く。そして彼らは、チームで最後に守備をする選手になっている。彼らの代わりに守備を請け負うのは主に反対サイドウイングで、逆サイドウイングが中盤の守備ラインに入ることでバランスを取っている。

 4-3-3のほうがMF3人のスライド+ウイングなので修正は早いが、4-4-2でもやれないことはない。

 ロシアワールドカップ(W杯)で優勝したフランスは、右サイドハーフキリアンムバッペが攻め残る代わりに、左のブレーズ・マテュイディが素早く帰陣して、とりあえず中盤のラインを3人で形成していた。プラス1としてムバッペが引くケースはあるが、足が速いので戻れそうもないケースでも間に合っている。

 日本代表で自由奔放な中島の良さを消さずに守備に穴を開けないためには、逆サイドの選手の守備力と運動量がポイントになるだろう。ディフェンスラインを引きすぎても上げすぎてもうまくいかない現状から、中盤のライン形成はチームの生命線になるだけに、中島の逆サイドの人選を誤ると致命傷になりかねない。

オフト時代のラモス瑠偉と「ポジション逸脱の功罪」

 過去の日本代表を振り返ると、常に中島のタイプはいた。攻撃の全権を握れる力量の持ち主で、その選手がいるといないではチームの攻撃力が変わってくるが、ポジションを越境していく構成力があるだけに守備のバランスも常に崩れる。

 岡田武史監督の時(2008~10年)の中村俊輔は、中島とよく似ている。DFやボランチの近くまで引いてパスを受け、そこから攻撃を始動させていた。中村には中島の速さはないので、一気に敵ゴールへ迫る勢いはなかったが、丁寧にゲームを作っていた。中村が引いて空けた右サイドには、(右サイドバックの)内田篤人が進出。右を攻略できなければ、中村からの正確なサイドチェンジで局面を変える。このあたりは現在の中島とそっくりだった。

 W杯直前まで中村を軸とした攻撃はよく機能していたのだが、最終的に中村の自由さが生む歪みを補うことができず、方針変更を余儀なくされている。

 中村と内田が前へ出ているので、カウンターを受けた時は日本の右サイドは穴になっていた。センターバックボランチでカバーできればいいのだが、中澤佑二田中マルクス闘莉王は代表史上屈指のコンビながら、スピードはない。(ボランチの)遠藤保仁長谷部誠も守備のスペシャリストではなかった。

ドーハの悲劇」と呼ばれる1993年10月アメリカW杯アジア最終予選のイラク戦(2-2)だが、日本が勝っていればむしろ「ドーハの奇跡」だった。内容的にはイラクが勝つべきゲームだったからだ。

 セントラル方式の最終予選、日本は2試合を終えて1分1敗と後がなくなり、残り3試合をすべて勝つために4-4-2から4-3-3へシステムを切り替えている。最後のイラク戦も、ミーティングルームに残された布陣は4-3-3だ。しかし、実態は4-4-2に近い柔軟な運用になっている。3トップ長谷川健太、中山雅史三浦知良(カズ)。MFは吉田光範、森保一、ラモス瑠偉だが、右ウイング長谷川はMFとの兼任で、トップは右が中山、左がカズと棲み分けている。このチームの「中島」はラモスだ。

 ヴェルディ川崎(現・東京V)では左サイドを起点に中へ入り、さらに右サイドまで出て行くスケールのある構成力を見せていた。ただし、日本代表ハンス・オフト監督がポジションの逸脱を嫌っていた。「自由ではない」「ぐちゃぐちゃにするな」とプレーエリアを限定していた。ラモスエリアは、左のハーフスペースから中央までだ。

“替えのきかない才能”は諸刃の剣でもある

 攻撃時にラモストップ下の位置へ出て行く。守備に切り替わった時は吉田と森保が2ボランチとして機能し、右は長谷川が引いてくる。左はラモスが戻れない場合は、V川崎の僚友カズがカバーした。基本は4-3-3だが4-2-3-1、4-4-2に柔軟に形を変化させることに、すでにチームは慣れていた。

 日本はイラク戦の前半5分に先制した後、相手の猛攻に耐える展開へ傾いていく。ラモスは前残りすることが多くなった。オフトの戦術からすれば完全な逸脱だ。ラモスの「自由」をカバーすることに慣れていたチームだったが、この時は連戦の疲労とイラクの勢いに押されてバランスを整える余裕を失っている。この時のラモスは37歳、もともと運動量抜群だったがさすがに攻守を同じウエートではプレーできず、形勢を立て直そうと前残りしていた。それが組織崩壊の引き金になっていた。

 ただ、イラクに同点とされたあとの後半24分、ラモスのパスから中山のゴールで2-1とリードしている。前残りしていたラモスが、ワンチャンスを生かした。イラクの選手が負傷で1人倒れたまま、パニックになったDFがオフサイドトラップをかける瞬間を狙い、しかもレフェリーが日本寄りということも感知して、中山がオフサイドになるまで待ってパスしている。このまま逃げ切っていれば、ラモスの危険な賭けは吉と出て“ドーハの奇跡”だった。

 替えのきかない才能は諸刃の剣でもある。イラク戦はどちらの面もあった典型的な試合として記憶されている。(西部謙司 / Kenji Nishibe)

日本代表で10番を背負うMF中島翔哉【写真:高橋学】


(出典 news.nicovideo.jp)