マウロ・イカルディ 写真提供: Gettyimages

2020年5月28日サッカー協会とイタリア政府がようやく合意し、セリエAリーグの再開が決定した。新型コロナウイルスの新たな波が来なければ、6月20日に試合は無観客で再開する予定だ。

しかし、サッカー協会には未解決しなければならない複雑な問題が残っている。それはレンタル移籍中の選手の扱いだ。新たなルールが生まれなかった場合、リーグが再開後わずか10日(6月30日)でレンタル中の選手たちは所属クラブに戻らなければならないのだ。

今回は現状のままリーグを続けることになった場合の、セリエAクラブの状況をご紹介する。


イバン・ペリシッチ 写真提供: Gettyimages

インテル

最も多くの試合が残っているインテル6月30日以降にチームが大きく変わる可能性があり、アントニオ・コンテ監督は頭を悩ませているだろう。 

カリアリ、パリ・サンジェルマン、そしてバイエルン・ミュンヘンからラジャ・ナインゴランマウロ・イカルディ、イバン・ペリシッチのような大物選手が帰還する以外にも、ジョアン・マリオバレンティーノ・ラザロ、そしてフェデリコ・ディマルコもミラノの街に戻ることになる。。

一方で、クラブを離れなければならないキープレイヤーが3人いる。マンチェスター・ユナイテッドアレクシス・サンチェスフィオレンティーナクリスティアーノ・ビラーギ、そしてチェルシービクターモーゼスだ。

インテルサポーターにとって朗報なのは、ニコロ・バレッラはカリアリからの買い取り義務でインテルに残ることが決定しているということ。重要なポイントだろう。


ズラタン・イブラヒモビッチ 写真提供:Gettyimages

ミラン

ミラノのもう1つのチームは、状況が大きく変化することはないだろう。ミランを必ず離れることになるのはセビージャシモン・ケアーとボーンマスのアスミル・ベゴビッチだけだ。

複雑なのはアンデルレヒトからレンタルされているアレクシス・サレマーカーズのことだ。出場試合数など特定の条件を満たした場合の買取義務契約のため、将来に関しては不透明となっている。

復帰する予定の選手はアストン・ビラ、PSV、ヘーレンフェーンとリボルノにそれぞれレンタルされていたペペ・レイナ、リカルドロドリゲスアレン・ハリロビッチ、そしてアレッサンドロ・プリッツァーリだ。

ヨシップ・イリチッチ 写真提供:GettyImages

アタランタ

チャンピオンズリーグ(CL)の決勝ラウンドまで進めることができた絶好調のアタランタ。中断期間明けも素晴らしいパフォーマンスを続けられるだろうか?

間違いなくクラブを離れるのはチェルシーマリオ・パシャリッチとニースのアドリアン・タメズ。そしてベルガモ(アタランタ の町)に戻るのはカリアリにレンタルされているフェデリコ・マッティエッロ、ベローナにいるマッテオ・ペッシーナ、そしてSPALにレンタルされているアルカディウシュ・レツァだ。

SPALにはゴールキーパーのエトリト・ベリシャもいるが、彼は買い取り義務付きのレンタル契約であるため、アタランタに戻らない可能性が高い。

監督のジャンピエロ・ガスペリーニは今後のことをあまり心配していないと複数のインタビューに語った。「レンタルのことより現在所属しているプレイヤーのモチベーションを高めるためにも、セリエAを再開することが最優先。その後のことは、今は考えたくもないね」


パウロ・ディバラ 写真提供: Gettyimages

ユベントス

ユベントスが困った状況に陥ることはないだろう。むしろ今まで振り返った上記のクラブよりいい立場にあると思われる。

まず、クラブを離れなければならない重要な選手が1人もいない。これはこれからの戦いに大きく影響しそうなストロンポイントだ。そして、トリノに戻る予定の選手は現在カリアリ、ジェノアアンデルレヒトでそれぞれプレーしているルカ・ペッレグリーニ、クリスティアン・ロメロ、マッティア・ペリン、そしてマルコ・ピアツァだ。

しかし、ユベントスサポーターが1番楽しみにしているのは1月に獲得され、6月まで経験を積むためにパルマプレーを続ける予定のデヤン・クルゼフスキだ。すぐにでも新たな武器となる可能性を秘めている。


クリス・スモーリング 写真提供: Gettyimages

ローマ

ローマにとってこの状況は大きな革命をもたらすと思われる。クラブが良くなるか、はたまた深刻な状況になるかは神のみぞ知るといった状況だ。

状況が変わらなければ、間違いなく数人の重要な選手がクラブを離れることになる。クリス・スモーリングマンチェスター・ユナイテッド)、ヘンリク・ムヒタリアン(アーセナル)、 ダビデ・ザッパコスタ(チェルシー)、そしてニコラ・カリニッチ(アトレティコ・マドリード)の3選手だ。

そして、イタリアの首都に戻るのはバレンシアのアレッサンドロ・フロレンツィ、フェイエノールトにいるリック・カルスドルプ、ライプツィヒプレーしているパトリック・シック、そしてカリアリにレンタルされているGKのロビン・オルセンだ。

チーロ・インモービレ 写真提供: Gettyimages

ラツィオ

ラツィオユベントスと似たような状況にある。別のクラブからレンタルしている重要な選手がいないため、大きな変化もなく再開するセリエAを有利に戦えるはずだ。

また、ビアンコチェレスティに戻ってくる選手は間違いなく大きな戦力となる。それはフィオレンティーナに出されているミラン・バデリ、そしてセリエBのサレルニターナで素晴らしい活躍を見せているソフィアン・キジーヌだ。

買取オプション付きでレンタルに出されているデュッセルドルフバロン・ベリシャ、そしてニースのリザ・ドゥルミシは高い可能性でラツィオに戻らないだろう。


ナポリロレンツォ・インシーニェ 写真提供:Getty Images

ナポリ

ナポリに戻る選手はたった1人。ニースにレンタルされているアダム・ウナスだ。そして、サンプドリアロレンツォ・トネッリは契約に買取義務オプションがついているため、いきなりクラブを離れる心配はない。

また、1月に獲得されていたが、そのまま移籍元クラブプレーを続けていた選手たちは初めてナポリを訪れることになる。SPALののアンドレア・ペターニャとベローナのアミル・ラフマニだ。

このクラブを出る予定の重要な選手は1人もいないのだ。


ラジャ・ナインゴラン 写真提供:GettyImages

その他

その他のクラブにも目立つ動きが予想されている。

フィオレンティーナにはトルコのベシクタシュからケビンプリンス・ボアテングが帰ってきて、1月に獲得されそのままベローナでプレーをし続けたソフィアン・アムラバトは初めてフィレンツェを訪ねる。

ジェノアではレッチェで大活躍のリッカルド・サポナーラが帰ってくるが、ペリン、ロメロ、マッティア・デストロ、そしてアントニオ・サナブリアはそれぞれの所属チームに戻る予定だ。クラブとしては厳しい状況に置かれるだろう。

そして、カリアリも危ない状況にいる。チームの要となったナインゴランだけではなく、ペッレグリーニやオルセンなどを失うことになるのだ。間違いなく大きな影響を受けるだろう。



(出典 news.nicovideo.jp)