(出典 sport-japanese.com)



デビッド・ベッカム(45歳)が、ホテルレストラン“進出”に意欲を見せているようだ。元サッカー選手ベッカムが、自身のイニシャル「DB」をサービス業への使用目的で商標登録したと言われている。


関係者はザ・サン紙にこう話している。

デビッドはやり手のビジネスマンですし、妻ヴィクトリアと共に見事なベッカムブランドを築いたように、今後のプロジェクトのために保護しておこうとしているんです」
「今はマイアミのサッカーチームで手一杯ですが、自分のホテルも実現する可能性がありますから」
「でも焦るつもりはないようです。その業界に足を踏み入れる前に、計画に穴がないことを確実にする必要がありますから」

そんなベッカムは数か月前、マカオに来年オープンするザ・ロンドナー・ホテルアンバサダーになったことが明らかになっていた。同ホテルにはベッカムの友人でもある有名シェフゴードン・ラムゼイのレストランも入る予定になっている。

その事業について以前、ベッカムはこう話していた。

ロンドンは僕の故郷だから、その地で僕が愛するエナジーユーモア、家具の見せ方、アートといったもののをマカオに届けることが出来るというのは最高の気分だ。代表的なブラックキャブからボンドストリートやサヴィル・ロウといったロンドンの有名な通りのミニチュア版など、全てを取りそろえるつもりだ」
サンデーローストも、もちろんメニューに取り入れて、あとは僕のお気に入りの伝統的なパイとマッシュポテトとかね」

英国をテーマにした同ホテルには、200店ものスペースがあるショッピングセンターイベント会場、スパやヘルスクラブなども併設される予定だ。


(出典 news.nicovideo.jp)