no title



パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが愛息に無慈悲なイタズラを敢行した。イギリス『caughtoffside』が伝えている。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって、3月半ばから母国に一時帰国中のネイマール。帰国当時と異なり、ブラジル国内ではフランス以上に感染拡大が続いており、パーティー好きのネイマールもさすがに自宅に籠りきりのようだ。

そういった中、何とか退屈を凌ぎたいブラジル代表FWは、8歳の愛息であるダヴィ・ルッカ君との遊びに興じている。

ネイマールが自身の公式『インスタグラム』に投稿した動画には、プラスティックのカゴを足元に置くルッカ君と、幾つものピンポン玉を持つネイマールの姿が映されていた。

そして、ネイマールは息子に黄色と白に色分けされたピンポン玉をヘディングでカゴに入れるように指示。そのチャレンジがうまくいかない中、5つ目のピンポン玉を投げると、なかなか良いアングルルッカ君の頭がボールを捉える。

しかし、ボールは突如、粉々に砕けると、中からヌルヌルの中身がルッカ君の頭にかかることに。そして、ネイマールピンポン玉に卵を混ぜるという、息子へのイタズラ成功に高笑いした。

ピッチ上で相手DFをことごとく騙すトリッキープレーを得意とするネイマールだけに、自身を心から信頼する愛息を欺くのは朝飯前だったようだ。

なお、4月末に2019-20シーズンリーグ・アン打ち切りが正式に決定したが、PSGはクープ・ドゥ・フランス、クープ・ドゥ・ラ・リーグの国内カップ決勝、ベスト8進出を果たしているチャンピオンズリーグ(CL)と3つのコンペティションを戦う可能性を残している。

この投稿をInstagramで見る

Día de trolagem com o filho

ene10ta Érre neymarjr(@neymarjr)がシェアした投稿 -

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)

tadarepanda

tadarepanda

金正恩「この世の誰も体験したことのない最も厳しいイタズラ」