エメルソン・パルミエリ 写真提供: Gettyimages

 ユベントスチェルシーイタリア代表DFエメルソン・パルミエリの獲得に興味を示しているようだ。28日、イタリア紙『カルチョメルカート』が報じている。

 ユベントスはボスニアヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピアニッチのバルセロナ移籍が有力視されており、その後釜としてチェルシーイタリア代表MFジョルジーニョの獲得が噂されている。

 そんな中、ユベントスは同じくチェルシーエメルソンをリストアップしているようだ。エメルソンは2018年ローマからチェルシーへと加入。今シーズン開幕当初はフランク・ランパード監督に評価され先発出場していたものの、怪我の影響もあり、今シーズンは公式戦18試合の出場にとどまっている。

 また、チェルシーユベントスイタリア代表MFフェデリコ・ベルナルデスキやブラジル代表FWドウグラス・コスタ、DFアレックスサンドロなどを高く評価しており、複数選手のトレードの可能性もあるようだ。




(出典 news.nicovideo.jp)