no title


イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニフランス代表MFポール・ポグバユベントス加入当初を振り返っている。『フットボールイタリア』が伝えた。

2012年8月にマンチェスター・ユナイテッドから加入したポグバ。19歳ながら類稀な体格で徐々に存在感を高めていくと、主力として4度のセリエA制覇に貢献。その後、2016年夏に当時の移籍金最高額となる1億1000ユーロでユナイテッドに復帰した。

キエッリーニは自身が出版した自叙伝『Io,Giorgio』の中でポグバの第一印象を回想。ビッグプレーヤーになるとは思っていなかったと綴っている。

「彼が来た時のことを覚えているよ。彼はマンチェスター・ユナイテッドからフリーで加入してきた若手だった。僕たちは彼を大勢の中の一人だと思っていたんだ。クラブが市場で取引するための人材だとね」

「誰もチャンピオンになるとは思っていなかったよ。ポールは驚く程の体格で動き回り、魅力的で感銘を与えた。そして、最初の試合では持ち場を超えたプレーエリアで、アンドレア・ピルロの助けとなったんだ」

「しかし、彼を知っていくうちにその役割が彼のプレーを制限していることがわかった。そのせいでポールはストライドを伸ばせず、フィジカル面やテクニック面で実力を発揮しきれなかった」

「その能力が皆の知る手強いボックストゥボックスプレーヤーへ昇華させるのだ」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)