(出典 syumatsusekai-football.com)



ナポリスペイン代表MFファビアンルイス(24)が契約更新に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

2018年に契約解除金3000万ユーロ(当時約38億8000万円)を支払いベティスから獲得したファビアンルイス。運動量豊富なボックス・トゥ・ボックスの選手で、テクニックもさることながら守備面での貢献度が注目されるセントラルMFだ。

加入後はすぐに主力に定着し、ここまで公式戦72試合に出場。バルセロナレアル・マドリーといったメガクラブからの関心が伝えられたが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は確かな情報をキャッチしたようだ。

伝えられるところによると、新契約は現行の2023年から2年延長した2025年まで。年俸も大幅アップされるとのことだ。一方、1億ユーロ(約119億円)の契約解除金設定に選手側が渋っているようで、こちらの調整が時間をとっているようだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)