no title


『明治安田生命J1リーグ』再開が7月4日(土)に決定した。『明治安田J2』第2節と『明治安田J3』開幕は『明治安田J1』に先んじて6月27日(土)の週末に開催されることが発表された。5月29日、『Jリーグ臨時実行委員会』の後、メディアブリーフィングが行われ、村井満チェアマンは次のように語った。

「なるべく早く再開して連戦を少しでも回避するか、選手になるべく準備期間を設けて連戦にするか。緊急事態宣言の解除から5週間の6月27日(土)を有力と考えていたが、複合案、色んな議論を経て今回の結論となった。地域によって、クラブによって状況の違いはあるが、ひとつの答えが決まったら、みんなでそこを向かおうと確認した」

ターゲットは定まったが、安心はしていられない。チェアマンは「走りながら考えるという川淵初代チェアマンが言った通りにやってきたが、まず考えたのが国民の健康がベースであること。次に我々にはサッカーしかない。サッカーを通じてみなさんに元気を届けたいという気持ちがある。また2節分ほど無観客試合となるが、順調に次のステップへ進み、サポーターとともに試合を迎えられればと思っている。7月10日(金)過ぎにはお客さんを迎え入れる準備を進めたい。ただこの先、第2波・第3波が起こるかもしれない。そして自然災害もあるかもしれない。今後何が起こるかわからない」と再開後に希望を抱きながらも気を緩めない。さらに「第2波・第3波によって、観客を入れていたが、無観客に戻るということもあるかもしれない。個々の地域の感染状況によって、当該試合が延期になることもあると思う」と言及した。

対戦カードは今後確定していくが、まずは長距離の移動を伴わないカードを組んでいくと村井チェアマンは説明した。

「移動距離は少なくしていく。7月のJ1は長い移動をしなくていいようなカードを組んでいく」

またJリーグPCRの検査部門をつくり、2週間に一度全選手にPCR検査を行うとチェアマンは明かした。

「再開へ向けてのガイドラインの整備を進めている。選手の安全・健康管理を万全にしていきたい。PCR検査の感度は決して100%ではないが、選手の健康管理・行動管理をしっかりして安全に運営していきたい」

まずは再開日(開幕日)の発表を喜びたい。そして『明治安田生命Jリーグ』のカードともに、『JリーグYBCルヴァンカップ』の詳細発表を心待ちにしたい。

Jリーグ村井満チェアマン(3月23日撮影) (C)J.LEAGUE


(出典 news.nicovideo.jp)