(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



フィヨルトフト氏、ドルトムントで成長後のハーランドプレミア挑戦を予言

 今季ゴール量産中のドルトムントノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは、レアル・マドリードマンチェスター・ユナイテッドなどのビッグクラブが獲得を狙っている。元ノルウェー代表FWヤン・オーゲ・フィヨルトフト氏は、同胞ハーランドがいずれは“間違いなく”プレミアリーグプレーすることになるだろうと持論を展開している。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じた。

 今季のハーランドオーストリアレッドブルザルツブルクシーズンの開幕を迎え、前半戦だけで22試合28得点をマークドルトムント移籍後も14試合で13得点とハイペースゴールを重ねている。

 ドルトムント移籍以前にはユベントスやユナイテッドへの移籍を拒否したとも言われているハーランドだが、依然としてメガクラブからの関心があるとの報道が絶えない。スペインの名門レアルも獲得を狙っていると言われている。

 そうしたなかで、ハーランドはいずれプレミアリーグプレーすることになると語るのがノルウェー代表の“大先輩”にあたるフィヨルトフト氏だ。同氏にはハーランドドルトムントで成長し、将来的にイングランドプレーするビジョンがはっきり見えているようだ。

「私がアーリングとその周りのチームに感銘を受けたのは、彼らが選手として成長できる場所を選んだことだ。彼は当時オレ・グンナー・スールシャールが率いていたモルデから旅立った。ドルトムントへ移籍した時、それがマンチェスター・ユナイテッドにとってどれだけ辛いことだったかは想像がつくだろう。ドルトムントは彼にとって最高の場所だ。

 彼が将来プレミアリーグプレーすると思っているかって? 間違いない。ゆくゆくはプレミアリーグに行くだろう。どのクラブに行くかは分からないけどね」

 自身も現役時代にイングランドプレーした経験を持つフィヨルトフト氏は、ハーランドが今すぐにドルトムントから移籍する可能性は低いとしたが、いずれはプレミアリーグピッチに立つ可能性が高いと見ているようだ。(Football ZONE web編集部)

ドルトムントで活躍するFWハーランド【写真:AP】


(出典 news.nicovideo.jp)