(出典 f.image.geki.jp)



練習でメッシが披露したプレーに海外注目 「あらゆることを自分だけで成し遂げる圧倒的な存在だった」

 新型コロナウイルスの影響でリーガ・エスパニョーラは中断していたが、各クラブが活動を再開し始め、バルセロナも練習をスタートしている。そんななか、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが同僚にお見舞いした強烈タックルからゴールを奪うまでのプレーに対する反響が拡散している。

 バルセロナは今季リーグ戦で首位を走り、3連覇に向けて視界良好だったなか、新型コロナウイルスの感染拡大によりリーグ戦は中断。約2カ月にわたって休止状態にあったが再始動しており、スペースを確保した個別練習から全体練習へと移行している段階にある。

 そんななか、バルセロナ公式インスタグラムは練習風景を動画で投稿。ミニゲームで敵チームの20歳MFリキ・プッチを相手がドリブルで突破を計った際、メッシは背後から強烈なスライディンタックルを敢行してボール奪取した。そのままドリブルで侵入し、仲間との素早い連携から最終的にメッシ自らがネットを揺らしてみせた。

 メッシが披露した圧巻のパフォーマンスは世界で反響が拡散している。英メディア「The 18」は「メッシメッシたらしめることをしている」と見出しを打ち、「直近のトレーニングメッシはあらゆることを自分だけで成し遂げる圧倒的な存在だった。開いた口が塞がらないパフォーマンスは、サッカーの再開よりも準備が整っていることを証明した」と説明している。

 また、バルセロナ専門メディアFCBN」は「バルサトレーニングで自分だけで何でもできる強烈なプレーを完遂した」と取り上げており、「メッシは飢えており、トレーニングで血気盛んであることを示した」と指摘している。ボール奪取の守備からゴールを奪う攻撃まで、たったワンプレーで全てを自分で行う絶好調ぶりを見せつけていた。(Football ZONE web編集部)

バルセロナFWメッシの練習風景に注目【写真:AP】


(出典 news.nicovideo.jp)